2009年09月21日

中国外務省、米の東欧MD計画中止を評価

中国外務省、米の東欧MD計画中止を評価

 中国外務省の姜瑜副報道局長は21日、オバマ米大統領が表明したポーランドなどでのミサイル防衛(MD)計画中止について「米国の決定を注視している。中国のミサイル防衛に関する立場は周知の事実だ」と述べ、評価していることを示唆した。>>続きを読む

 中国はこれまで米国の一連のMD計画が「世界の戦略バランスの安定に影響を与える」として警戒感を表明してきた。副局長は「各方面が互いの安全保障に関する懸念を尊重し、自国の安全保障措置が他国を圧倒するようなことを避けるべきだ」と戦略バランス維持の重要性を強調したという。

posted by myianwin at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128558910
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。