2009年08月24日

トヨタ、中国で68万台リコール

トヨタ、中国で68万台リコール

 トヨタ自動車は24日、中国で乗用車約68万8千台をリコールしたことを明らかにした。対象は中型セダン「カムリ」、小型セダン「カローラ」、コンパクト車「ヴィオス」、同「ヤリス」それぞれの一部。窓の開閉スイッチを頻繁に操作すると、発熱して壊れる可能性があるという。>>続きを読む

 ヨタ広報部によると、スイッチの部品にグリースを塗り過ぎたことが原因という。トヨタが中国で一度に68万8千台ものリコールを届け出るのは初めて。

posted by myianwin at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。