2009年08月17日

教科書、教師が思うほど児童分からず

教科書:教師が思うほど児童分からず…理解度にギャップ

 小学校の教員の61%が、教え子は教科書の内容を8割以上理解していると思っているのに、実際には8割理解している子は20%にも達していない−−。教科書の理解度を巡る教師と児童・生徒の意識ギャップを示すこんなデータが、民間の教育研究機関「中央教育研究所」(東京都北区)の調査で明らかになった。>>続きを読む

 こうしたギャップは中学・高校でもみられ、中学で「7〜6割程度」とする教師が64.8%なのに対し、生徒は34.5%どまり。逆に「5〜4割程度」とする教師は16.1%に過ぎないのに、生徒では36.5%にのぼった。高校でも「7〜6割程度」は教師52.9%に対し生徒23.5%、「5〜4割程度」は教師25.1%に対し生徒57.8%だったという。

posted by myianwin at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125945846
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。