2009年07月25日

ハッブル、まずは木星の衝突痕を撮影

大修理終えたハッブル望遠鏡、まずは木星の衝突痕を撮影

 【ワシントン=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)は24日、約9億ドル(約850億円)かけて修理したハッブル宇宙望遠鏡が撮影した木星の表面の写真を、修理後初めて公表した。彗星(すいせい)か小惑星とみられる天体が衝突してできた痕跡が鮮明に写っている。 >>続きを読む

 今回とらえられた衝突は19日にあり、豪州のアマチュア天文家が地上の望遠鏡で発見していたという。アマチュア、恐るべし!

posted by myianwin at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。