2009年05月21日

ES細胞、使用の手続きを簡略化

ES細胞:使用の手続きを簡略化−−文科省専門委

 文部科学省の専門委員会は20日、ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)の作成、使用、分配に関する指針の改正案を一括承認した。ES細胞を使う研究では、研究機関の倫理委と国の二重審査だったが、国へは届け出のみでよいとしたり、研究機関が外部の倫理委に審査を委ねることを認めるなど、ES細胞使用時手続きを簡略化している。>>続きを読む

 また使用指針と、作成(樹立)・分配指針の二つに分け、研究者が理解しやすい構成にした。作成については従来通りを維持したということだ。

posted by myianwin at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。